源泉玉子も作れる!伊豆熱川温泉駅前の無料の足湯

伊豆熱川(あたがわ)温泉駅前にある足湯「熱川湯の華ぱぁ~く」は足湯につかりながら、源泉玉子の手作り体験もできる珍しいスポットです。
熱川足湯1

熱川温泉とは

静岡県賀茂郡東伊豆町の一部

江戸城を築城したことでも有名な太田道灌(おおたどうかん)が発見した温泉といわれています。太田道灌は、サルが温泉を浴びて怪我を治す様子にヒントを得て、温泉を発見したそうです。


現在17の温泉旅館があり、町のあちこちで湯けむりが上がっています。

「湯めぐりチケット」というのがあって(1200円)、「高磯の湯」ともう1か所、日帰りで温泉を巡ることができます。

熱川湯の華ぱぁ~く(無料)

熱川駅を出てすぐ右にあります。源泉はすぐわきの浜田源泉。源泉からトイを使って、温泉を引いています。

熱川足湯4
ナトリウムー塩化物硫酸塩温泉

効能:神経痛、筋肉痛、五十肩、婦人病、皮膚病等

伊豆高原の足湯よりも少しぬるめです。

熱川足湯2

住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本966−13(観光協会建物前)
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本966−13



源泉玉子の作り方

足湯の隣に井戸のようなものがあったので、なんだろう?と見てみたら、「源泉玉子」でした。温泉卵よりも熱いお湯(源泉97.6度)で作るので、温泉玉子というより、茹で卵みたいな感じです。

「百歳まで生きられる源泉玉子」とありました。
熱川足湯3 作り方
①案内所(すぐ隣の建物)にて、卵を購入。(1こ百円)
②ネットに卵を入れる。
③源泉に渡してあるパイプにつるす。
④15~20分ぐらい足湯につかりながら待つ。

ネットや、食べるときに使うカップ・箸は案内所で借りることができます。
源泉は100度近くあるので、触らないように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする