伊豆急ウォーク①伊東~南伊東

伊東~南伊東は、初心者コースと言ってもいいくらい距離も短くて、平たんなコースです。毎年微妙にコースが変わるのですが、今年は少し距離がに伸び、川沿いを歩く景色の綺麗なコースになりました。

どんなコース?

伊東駅~南伊東駅 2.5km
かかった時間:45分
歩数目安:4000歩
参加費(入場券):140円
レベル:A(歩きやすいコース)
昼食ポイント:伊東駅周辺にお店あり

伊東はこんな駅!

伊東駅は、東海道線と伊豆急が切り替わる駅で、人も多く、割と大きな駅です。

伊東駅

この日は、シルバーウィークのただなかと言うこともあり、駅にはわんさか人がいました。グランパル公園、シャボテン公園、小室山などの観光地へ向けて、バスやタクシーに乗り換える人もたくさんいて、にぎやかでした。


駅を出て右側に歩いて行くと、観光案内所があります。

伊東駅2
ここで、地図や切符を貼る台紙をゲットします。


伊豆急ウォーク

伊東駅で、入場券(140円)を買うのも忘れずに。入場券をもって歩いて、南伊東駅へ行くとスタンプと区間賞のバッジをくれるという仕組みです。せっかくあるいても、入場券がないとバッジがもらえないので気をつけてください。

歩いた様子

まずは、商店街へ。

食事処やおみやげ屋さんなどが並んでいます。

伊東商店街

商店街を抜けると、橋があります。この「いで湯橋」からの眺めはとてもきれい。
いで湯橋の左側には、昭和3年から続く温泉旅館「東海館」が見えます。
伊東いでゆ橋
いで湯橋を渡ったら、右へ曲がり、松川遊歩道を歩きます。

伊東まつかわ遊歩道

謎のモニュメント。なんかのポータルかな?
伊東まつかわ遊歩道2

川のせせらぎがいい感じです。歩いて行くと右側に橋が見えます。
「通学橋」です。こちらは曲がらず、
伊東通学橋
まっすぐ進みます。


少し行くと音無神社があります。
伊東音無神社
源頼朝ゆかりの神社で、蛭ヶ小島に流された頼朝が、八重姫に会うために、日が落ちるのを待った場所だとか。

現在は、安産祈願の神社として親しまれているのですが、頼朝と八重姫の間にできた男の子は殺されて、2人も引き離されてしまうんですよね…

毎年11月10日の夜には、奇祭「尻つみ祭り」が行われるそうです。


音無神社を通り過ぎると、左側に大きな建物が見えてきます。地図で見ると、図書館のようですね。

ここで、岡橋を渡って、川の反対側へ。

伊東岡橋
川の向こう側に見える建物は「ホテルニュー岡部」です。

川の勢いよく流れる音がして、迫力があります。

が、ここから先はしばらく住宅街。さっきまで、遊歩道で川岸の景色を楽しんでいたので、ちょっと、つまらないですね。

綺麗なお宅が多くて、ときどきすごいお庭がありました。歩くにつれ、だんだんと川の流れが穏やかになります。

遊歩道を楽しみたい方は、コースは外れますが、岡橋を渡らずに、そのまま遊歩道を歩いて、一つ奥の旭橋を渡ってもいいかも。


地図で、「れもんの木」という目印があったので、樹が生えているのかと思ったら、「れもんの木」というお店でした。
伊東れもんの木 そりゃ、そうか。自然食品や無添加化粧品などを取り扱うお店のようです。

ここを曲がって少し歩くと南伊東駅。ゴールです!

そのほか

窓口で駅員さんに伊東駅の入場券を見せると、バッジを貰えました!
伊東ゴール
切符は、最後に全区間歩いた証明に使うので、大事に取っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする